TRILL CAT MOVIE

2016年8月12日金曜日

2016.8.7~8の名古屋〜大阪の日記 #HEERONTOKAI

おはようございます。
お久しぶりの更新です。





















今回は先週末、2016.8.7~8の乃木坂46「真夏の全国ツアー」in名古屋と
大阪の旅日記です。

名古屋は十数年前にRAPのLIVEで行ったのと
昨年末に乙女新党のツアーで行った以来の3回目です。

先に動画


■HOODAGE CM #219 #HEERONTOKAI from HEERON on Vimeo.

動画の冒頭は「乃木恋」user向けな仕様になってます。

●8ヶ月ぶりの名古屋
まずは前日、高知駅へ。
乃木オタの@kazucloと乾杯。
で、名古屋行きのバスに乗車。
もうバスも慣れているので速攻寝て起きたら名古屋。
前回は昨年末に来たので真冬で寒かったけど今回はもう早朝から暑かった!
適当にGGって近くの喫茶店で小倉系のモーニングを食べる。
この時、店内のBGMで「裸足でsummer」が流れてて
「おっ!」ってなったら近くのテーブルにいたカップルも
「おっ!」ってなっててどうやら私と同じで乃木坂に行くようだった。
ところで名古屋のモーニングでは「あられ」の小袋が付くのが結構あるようですね。
はじめて知りました。

ですることもなく開場のガイシホールへ向かう。
もう名古屋駅辺りから大勢のファンがいた。
会場に到着。
昼の部2時間以上前ですが物販などで多くの人。
私は物販とか買わない派なのでのんびりしてました。
(この日は知り合いの乃木オタは居なかった)
とりあえず推し2名が並んでいたので(あいうえお順だから)パシャ!
で開場時間になり入場!

昼の部はモバ先行1次で当選してたのですが発券してアリーナ席で
あんまり良番じゃないなと思ってたけど席に着いたらこの位置!
結構良かった!

-----
ここからセトリとかでるので今後の全ツ行く方で見たくない方は
下部の夜公演終了まで飛ばしてください!
ココまで!って赤字があるところまで!
-----

でボーッとしてたら昼の部開始!
下部のセトリで曲名の後に(ボロ泣き)とあるのは私がボロ泣きした曲です。
(私は大阪公演も前日の初日名古屋の夜公演のセトリも見ないままで参戦しました)

乃木坂46 夏の全ツ名古屋8.7昼セトリ
影アナ 堀 渡辺 中田
01.overture 
02.裸足でsummer (ボロ泣き)
03.太陽ノック (ボロ泣き)
04.夏のFree&Easy 
05.僕だけの光 

赤組
06.世界で一番 孤独なLover (ボロ泣き)
07.嫉妬の権利 (ボロ泣き)
08.立ち直り中 (ボロ泣き)

青組
09.隙間 
10.魚たちのLOVE SONG (ボロ泣き)
11.他の星から 

12.きっかけ (ボロ泣き)
13.かき氷の片想い 
14. 空気感 
15.シークレットグラフィティー (ボロ泣き)

16.ギガ200 

乃木恋コーナー
ひめたん
17.吐息のメソッド 
みなみ・堀
18.Tender Days (ボロ泣き)

19.命は美しい (ボロ泣き)
20.何度目の青空か? 
21.君の名は希望 
22.ロマンスのスタート
23.そんなバカな… 
24.ダンケ・シェーン 
25.ガールズルール 

アンコール 
26.おいでシャンプー (ボロ泣き)
27.走れ!Bicycle 
28.乃木坂の詩

基本、離れてても推しはシルエットだけですぐ判断できる機能は備えているので
純奈・かりんちゃんは常に見てました。

ボロ泣きした曲だけその時の心境を書きます。

予想は出来てたけど「はだサマ」
イントロで飛鳥が出てきて
「名古屋!いくぞおおおおお!」で
あの飛鳥さんがあんな大声で叫んでいる姿で改めて凄い!って思って感動した。
センターの責任感を選抜発表で心配してたけど完全に殻を破ってて凄かった。

でそのまま「太陽ノック」
なんか自分的にアイドルの「夏曲」って過去、そんなに好きな曲が少なかった中、
この曲は「べマーズ」も見てたので大好きだったので最高でした。

世界で一番 孤独なLover」
いわゆるEDM曲ですのでMXとか打たずにガンガン踊りながら見てましたが
振り付けとかも大好きで最高でした。
「嫉妬の権利」
もう大好きな曲なのでイントロで爆発しました。

「立ち直り中」

「嫉妬の権利」からの流れでのコレ。
もう腰砕けでした。

魚たちのLOVE SONG」
昔はこの曲、そんなに好きじゃなかったので油断してましたが現場で聴いてゾゾっとしました。。。

「きっかけ」
上記までアルバムのジャケのドレスの色「赤」と「青」の組で分かれてましたが
「赤」と「青」が混ざって「紫」になってこの曲ですよ。。。。
そりゃ泣く。

「シークレットグラフィティー」

そして私が一番楽しみにしてたこの曲。
アンダーメンバーが曲の様にウェイトレス風衣装で登場してこのイントロが始まり
感動よりも固まってしまいました。
「そんな事情は〜」の部分の振り付け(左右に動くところ)も大好きですし
乃木中のスタジオライブでは推しの純奈さんがテストで収録お休みしてたからわからなかったけどそのスタジオライブで伊織さんが「誰かに聞いてみろよ〜」のシーンは
実際は伊織さんと純奈さんの2人がやっている事が発覚した。

「Tender Days」
(youtube無し)
完全なる油断。
まさかこの曲やるとは思ってなかったので最初はビックリしたけどメンバーも正規の福神(だったはず)ではなかったのもまた良かった。。。。
あのメロディの最高さは知ってる人なら説明不要。

「命は美しい」

この曲、嫌いな人、いないと思いますしかなり上位に入る名曲ですし
やらないワケはないと思ってましたがいざ、始まると本当にゾワっとした。
なぁちゃんを中心にこの芯の強い曲は本当にずっしりときました。

「おいでシャンプー」

「おいシャン」はまあ、鉄板だし後半にやるのは明確だったわけですが
まあ、この振り、しちゃいますよね。
この曲が出た時に初めてちゃんと乃木坂のPVをみて当時、他のアイドルに行ってたので
表向きには「クソ!」くらいに思ってたけど正直、
「なんていい曲で振り付けも最高なんや〜」って思ってました。
その当時はまあ、この曲を目の前で見るとは思ってなかったので感情深かったです。

あと間では「乃木恋」のコーナーで
生で「乃木恋」のようなストーリーをやるコーナーがありましてこの部は
ひめたんとみなみおなで面白かった。

あと、特記すべき点はかずみんの髪型が三つ編みのおさげヘアーで
前髪を多めに下ろしててクソかわで優勝。
(その時の画像、探したけどなかった)

で、一番悔しかった思い出があります。
途中でメンバーがサインボールを投げる時に私のブロックの近くに推しの「純奈」が来たんですね。
で、まあ、言うても他に強メンがいっぱいいるわけでみんないろんなメンバーの方に向いてます。
私は毎回、アイドルのライブで周りに推し被りがいるか確認します。
今回も確認出来てませんでした。
そう、この時がチャンスなんです。
まさか自分の席の近くに推しがボールを投げに来てくれるなんて!

私は大きな声で言いました
「純奈さーーーーーーーーーーーーーん!」
その声が届いたのか純奈さんが私の方をみて
指差して口の動きで「投げるよ!」って感じになった!!!

私は「バッチコーーーイ!」的な感じで大きく腕をあげた。

純奈さんはそのサインボールにキッスを6回(多分)して私の方に目掛けて
キレイな放物線を描きその緑のカラーボールが投げられた。
ここでよくあるのが投げるアイドルのボール投げの下手さ。

本当にまっすぐにこっちに来た。

その緑のボールは純奈さんの手にあった大きさから私に近づきそのまま大きさが大きくなっていった。
そう、完全にブレずに私に向かって純奈toオレの流れでボールが来てる。

その間、1.5秒くらいだろうか。

「よっしゃああああああああ!」

大きくあげた両手が真ん中の緑のボール位置に合わせて動いた。
こっちに向かって来てる!
間違いなくオレに来てるぁぁ!
よっしゃあああああ!
きたあああああああ!

と思ってキャッチした瞬間!!!!!

感触がない。。。。。

「!!!!??????」

なんと前横席の生駒ちゃん推しのおじさんが素早く横から手を伸ばして
キャッチした。。。。。。

「ん?」

ぼくはー、
いっしゅんー、
なにがー、
おきたのかー、
わからずにー、
ぼーぜんとー、
しましたー、

そのおじさんの声が聞こえた
「いえーい!やったー!」

んー。
それ、オレが言うはずのセリフやったのに。。。。。

なんか全身の力が抜けた。

できるだけこの事は考えないようにしないとずっと後悔しそうだから忘れようとしてるけど一応、記録として残しておきます。
(終演後に「純奈ファンなんで見せてください!」って言おうとも思ったけどあまりにもショックで言えなかった)

で昼の部終了。

乃木坂46 夏の全ツ名古屋8.7夜セトリ
影アナ 新内 優里 若月
01.overture 
02.裸足でsummer 
03.太陽ノック 
04.夏のFree&Easy 
05.僕だけの光 

赤組
06.世界で一番 孤独なLover 
07.嫉妬の権利 
08.立ち直り中 

青組
09.隙間 
10.魚たちのLOVE SONG 
11.他の星から 

12.きっかけ 

13.白米様 
14. threefold choice (ボロ泣き)
15.シークレットグラフィティー (ボロ泣き)
16.ギガ200 

乃木恋コーナー
まいやん
17.やさしさとは (ボロ泣き)
まいちゅん
18.偶然を言い訳にして 

19.制服のマネキン 
20.今、話したい誰かがいる (ボロ泣き)
21.君の名は希望 
22.ロマンティックいか焼き (ボロ泣き)
23.転がった鐘を鳴らせ! 
24.ハウス! (ボロ泣き)
25.ガールズルール 

アンコール 
26.おいでシャンプー 
27.走れ!Bicycle 
28.乃木坂の詩 (ボロ泣き)

夜の部メモ
影アナでご存知の優里さんのかわいい声に会場が湧く。
その流れでわかちゅがお得意の「萌声」を久しぶりにかまして更に湧く。

「シークレットグラフィティー」は何度聞いても最高。

「やさしさとは」

この曲も私の大好きな曲の上位なのですが
やらないか〜って思ってたら急に来て最高だった。
この曲もずっと固まったまま見てた。

「今、話したい誰かがいる」
待ってました!って感じでした。
もう振り付けとか勝手に覚えてたし
この曲の頃までずっと「さゆりん」推しだったので勝手に見るのはさゆりんだったし
「シーソー乗ってみよう」の振り付けから手を上げる振り付けが大好き過ぎて一緒にやってた。

「ロマンティックいか焼き」
タイトル言う時、わかちゅだったと思うけど間違って
「ロマンスの〜」って言って
「間違った!ロマンティックいか焼き!」っていってこっちも盛り上がった。
これもLIVEでは鉄板だしコールしますしゴンドラでメンバー来るしそりゃ騒ぎますよね。

「乃木坂の詩 」

まあ、絶対に最後にやる曲なので昼の部もわかってたけどこの実質最後になる
夜の部のこれはぐっとくるものがあった。
全メンバーで並ぶシーンは本当に圧巻だ。
お決まりの全部照明が消えてペンラだけになってからの
「後ろを向くな!」「正面を見ろ!」の叫ぶお決まりも最後となるとまた一味ちがうわけだ。

あと桜井キャプは神宮まで欠席は知ってたけどななみんは大丈夫かな?って心配したけど居ました。
ゴンドラやMCで喋ったりはしてませんでしたけど昨年の全ツも欠席したりしてたし、
その時、後日談で車椅子だったし体重も30kg台になってたとか言ってたから夏は心配だ。

ちなみに以前、SEALDsの #DontTrashYourVote のCAP被ってましたが
先日の横浜の花火大会でもメンバーの「ゆったん」「純奈」と行ってる時にも
被ってました。
さすが。最高。
メンツも最高。


----
ネタバレここまで
----

そして公演終了後、最後の余韻も楽しむ事なく急いで会場を出て一目散に駅へ。
大勢のファンが流れる駅の中、無事に乗車。

私には時間がないのだ。

名古屋駅までいかない。

金山駅で乗り換え。
そしてもう一個どこかの駅で乗り換えて目指すところがあった。

本来は「藤が丘駅」が最寄りだが微妙にショートカットできる「本郷駅」で下車して駅前でタクシーに乗って運転手さんにいう
私「すみません!カルナータカーってカレー屋さんまで!」
運転手「ん?知らないです!どこですか!?」

そんなやり取りの中、大きな道沿いだったのでなんとか向かう。

運転手「こんなところにカレー屋なんかあったっけな〜?」

とかいいつつわかりやすい近くの「セブンイレブン」で降りる。

目指すお店はもう少しだ!

-----
ここで少し、Backin The Day
今回、名古屋に行く際に前回、カレー食べれなかったので今回は!っと予め、
東京と神戸のカレーの先輩方に「名古屋のオススメのカレー」を聞いてました。
BLOGや意見を聞いて共通する店名が!

完全に焦点がここになった。
そして月曜が定休日だったのでどうしても乃木坂の公演後にダッシュで行かないと間に合わないのだった。

で到着!

まあ、実は予め数日前にメールをしていまして
オーナーの土屋さんが私の分を予約をしてくれていました。

でメニューどうしよかな?って思ってたらちょうどこの日、
普段、予約制でなかなか食べれないミールスが作れると言ってくれた。

まあ、間違いなくそれにしますよね。

ベジミールスを注文。

まあ、店内入ってすぐわかったけど匂いでもう最高だと確信してた。
閉店間際なのでお客さんもまあまあいた。
で来ました。
ベジミールス!!!!
どーーーん!
どうですか!この素晴らしさ!
右上が名物の「サンバル」
その左にあるのが「チャナダールココナッツ」
これを皮切りに基本のベジがこんなに並ぶ!!
(一つ、左端の真ん中がフィッシュ(鱈だと思う)ですが)
で衝撃。

サンバールの旨さ。
トマトの湯むきしたのがゴロっと入ってたけどこの酸味はなんだ。。。。
思わず土屋さんに聞いた。
「このサンバルの酸味はトマトだけですか?」
するとちゃんと答えてくれた。
「トマトとタマリンドが入ってるよ!」
なるほど。。。。これがあのタマリンドか。。。。。
酸味のある果実のマメ科の植物で日本ではあまり馴染みがないがインドカレーではお馴染みの食材だ。
でまだ教えてくれた。
「タマリンドがないと南インドカレーじゃない!」って言う人がいるけど土屋さんの経験上、トマトが収穫期(安い)だとトマトだけの時もあるし、タマリンドが収穫期(安い)時はそれだけのところもあるらしい。
実際、両方入れたりするのはインドのレストランとかぐらいだそうな。
土屋さんがいうなら説得力があるなあ。。。。

そして茄子が入った「チャナダールココナッツ」
名前からわかるようにコレも豆です。
ベジタリアンの南インドでは定番のダール(豆)もお店で色んな種類を見やすく
標本の様に置いてて色々見せていただきました。
そして最初は各カレーなどを1つずつ味見しましたが横のライスと合わせて食べるときは
もちろん、「手食」で頂きました。
それがマナーですよね。
なにしろ、その方が美味しいし!
もう止まりません。
このベジミールスの副菜の豪華さも相当でヤラれました。。。。。

で土屋さんと色んなカレー話をしてて急に
「せっかく来たんだから・・・・・」
っとここの名物「ドーサ」を出していただきました!
これがドーサです。
土屋さんがインドで最も衝撃を受けたものです。
ライスと豆を特殊な機械で混ぜて薄く焼いたモノで
日本人のイメージするインドのカレーに付き物の「ナン」とは全く違いました。
パリパリとした食感でまるでフライしたかのようですがまあ、目の前で焼いてましたからわかってましたけど焼いてるんですよね。
薄いから凄く手軽に出来るわけです。

今でもインドカレー屋さんに言ったらみなさんナンを注文されると思いますけど
よくよく考えてください。
別にナンを否定はしないですが決して裕福ではない民があの大きな「タンドール釜」を持っていると思いますか?
持ってないです!
特に南インドは基本ライスです。
あの縦長のバスマティライスが多いです。
なので日本のようなネットリとした米にあうようにカレーもネットリとしてなくサラサラしているのです。

日本でインドカレー屋さんやってるインド人の方も日本にきて初めて「ナン」を食べたという人が殆どらしいです。
どうしてそれなのに日本でインドカレー=ナンなのかは
タモリ倶楽部の今年、初頭に放送したタンドール釜の回を見れば結構わかります。
それはそれで感動します。。。。涙。。。。。

まあ、ナンも美味しいと思いますが完全に私はライス派です。
ランチとかでだいたいナンのランチあると思いますが今度行ったらライスで注文してみてください!

あと辛さも普通って注文したりする人が多いと思います。

一つ、言いたいことがあるんです。。。。。

日本の味覚の表現は大きくわけて
旨味・酸味・塩味・苦味・甘味の5種だと思います。
カレー屋さんの辛さの具合が選べる時に
辛さ☓●●倍ってありますよね。

その数値が高いほどまあ、味覚として辛さは強くなるのはわかりますけど
この場合、上記の5つの味覚以外の物が追加されるわけです。

それを日本語でいうピッタリの言葉がないのです。
それをわかりやすく言うと「スパイシー」です。
辛さを上げる=スパイシーさも上がるのです。

スパイシーさが上がるということはつまり「旨味」も上がるという事です。

インドやスリランカ、バングラディッシュやネパールから来た方はみんな日本のカレーは「甘い!」と言います。
レトルトのカレーも普通に「甘口」「中辛」「辛口」とかありますし
カレーは老若男女みんな好きなメニューなので明治に日本の文化として入ってきたカレーは
インド直径ではなく、インド〜イギリス〜日本の流れで来たのでその間にあるイギリスで発明された手っ取り早いミックススパイスとしての「カレー粉」があったので必然的にスパイス慣れしてない日本人にも受け入れやすく甘いカレーがカレー粉によって家庭の味として手軽に広がり今に至るわけですがイメージ的に本格派のインドカレーだからと辛さに躊躇してしまうのは当然わかりますがスパイスの美味しさを理解したらもっとスパイス!もっとスパイス!っていう今までの日本、そして自分の味覚になかった「スパイシー」さんを感じて欲しいと勝手に思っています。。。。
(まだまだスパイスカレー新規です)
職場ではカレーの話をすると火がつくので引かれています。

ちなみに高知県のインドカレー屋さんの辛さでいうと
「リタ」さんの辛さ100倍(表上の辛さ最大)は
「マサラ」さんや須崎の「シプラ」さんの辛さ50倍より辛くないです。
逆に「ララ」さんのカレーは全体的に甘めです。
「團十郎」さんの値段が高い4種類あるカレーの中でも一番辛い
HOT PPカレーも辛さが最初に来ますが後からくる旨味が凄いのでオススメです。
「カフェ クレオール」さんのアフリカカレーは酸味強めでマスターから
チリソース入れますか?と聞かれる事があると思いますがぜひ、入れてもらってください。最近、徐々に全国で増えているアフリカ系のカレーを長年やっている珍しい高知のカレーが食べれるのでオススメです。ちなみに前菜のサラダも絶品でカレーの仕込みは7時間と聞いています。
あと、私がよくいく「アルパカフェ」さんは日によってメニューが変わるのでインスタスラムなどでその日のメニューを確認してから行ってみてください。
あと以前、あった帯屋町の昼間だけカレー出してるお店は元々、スリランカカレーでしたが今は無くなってて同じお店で出てるカレーは普通のカレー(まだ食べてないのでわかりません)です。
話によるともしかしたらそのスリランカカレー作ってた方が長浜で店舗構えてやるかも?みたいな話は聞いてます。

オススメのカレーの書籍は
「カレーの身の上」辛島 昇
「カレーライスと日本人」森枝卓士
「スパイスの科学」武政三男
調理本なら
「はじめてのスパイスカレー」水野仁輔
がわかりやすいと思います。

っと話がかなり脱線しましたが和気あいあいと土屋さんと常連と思われる女性の方とカレーの話をして完食。
もう完全に味覚が変動を起こしました。。。。。

帰りに最高に美味しかった「サンバル」のミックススパイスを買った。
土屋さんに入れるタイミングとかもちゃんと聞いたので
近日中にこれを使ってカレー作るのでまた連絡するので
インスタかツイッター見といてください!

「絶対また名古屋きて、絶対ここにまた食べに来ます!」
力入れてそう土屋さんに告げて私は退店した。。。。。

あんなに暑かった名古屋だったが夜風が涼しいのはスパイスのおかげかな。

旨さにボーっとしながら行きではタクシーを使ってた道を駅まで歩いてた。

そのまま私はまた名古屋駅へ戻った。

宿にチェックインしてシャワー浴びてスッキリして酒を飲む。


飲みながら思った
あ!今日、日曜やん!乃木中やん!
愛知って乃木中やってるのかな?
って思ったがよく考えたら乃木中はテレビ愛知制作だわ。。。。
本場のテレビ愛知でみる「乃木中」は格別だった。

でも「けやかけ」はテレビ愛知では見れないんですね。。。。

でいつの間にか就寝。。。。

day2
起きて何の宛もなく名古屋駅周辺をウロウロ。。。。

この日、名古屋は全国でもHOTTESTだったらしく38℃もあったそうな。
私も暑さに耐え切れず駅の高島屋のエスカレーター横のサラリーマンがサボるような椅子に座ってクーラーに当たったりするという感じでした。
でお昼に前回、食べれなかった「味仙」の台湾ラーメンを食べる
暑かったけど辛さの発汗は最高。
ちなみにカレーの辛い(=スパイシー)は大丈夫でも他の辛さは特に強いわけでもありません。
またフラフラと名駅周辺。
でお昼すぎに移動です。
また来るよ、名古屋!
で移動!

夕方前に到着したのは2週間ぶりの大阪!
大阪に寄ったわけは。。。。
じゃーん!

じゃーん!
じゃーん!
1年半振りに難波の「一芳亭」さんに行きたかったからです!
唐揚げ(大)、しゅうまい、ビール(小)、ごはん(大)贅沢やな。
最高だった〜!
ウロウロ戎橋。
さあ、高知に帰るか。。。。
ブレブレの道頓堀。
そのままいつものバスに乗って高知に帰りました。

今回は名古屋〜大阪とハードで最高なスケジュールでした。
基本、一人で行動でしたが全国のSNSフォロワーさんのおかげで色々体験できて最高でした。

次回の遠征は結構先で1ヶ月半後の
9.22に京都で欅坂46の2ndの個握から
9.23に岡山で乃木坂46のアンダーライブです。

そしてその一週間後の
10.1にまた京都で乃木坂46の15thの全握
10.2に乃木坂46の15thの個握

んでもってその2週間後に
同じく京都で欅坂46の2ndの全握

と全部、坂道シリーズでハードです。。。。。

行かれる方はよろしくお願いします。


●今日のDIG
1週間も空いたのでザックリと貼ります。








Lil Yachtyの単曲とftされたNadaのPV出てた!


Vitoさんの #リハビリテーション がFREEになった!


HUNGERさんの旅が詰まった曲!
このまとめ、最高。
しかもネタがまた予想外だった!さすが!


新シリーズの3が出てた。


Chiggaってネタっぽいイメージもあったけど結構本格的でそれがまたいい。
顔もいい。


高槻POSSEが刃頭さんのBEAT上に乗ってる!
Atius氏、相変わらず唯一無二!
イッペーちゃんにも会いたい。
ちなみにJAB君のおばあちゃんは私の隣町に住んでいる。


FAKAXA毎回最高
正直、だれがヤンユーさんとか顔の認識とかもできてない。


TLで知ったのですが最高でした。

っということでまた長い記事になりました。。。。。
また名古屋行きたいな

じゃ、夏なんで。。。。
おやすみなさい!




0 件のコメント:

コメントを投稿