TRILL CAT MOVIE

2011年1月18日火曜日

95~98年辺りのTVでのHIPHOP特集とその他。

こんばんわ。
ちょっと今日は長いと思いますがジックリ読んでください。

●95~98年辺りのTVでのHIPHOP特集。
昨晩、YAPPARIHIPHOPさん
のTWEETで「生ダラ」でのHIPHOPの特集がyoutubeにあるというPOSTを受けて
私が知ってる限りのことを書きます。
多少、マニアックに攻めますが今、UKでGRIMEやROADRAPが産まれて動いているように辛うじて
動画での資料と私の脳みその記憶があるので日本におけるHIPHOPの歩みを断片的ではありますが
記録したいと思います。
↑大げさに書いた。
それでは少し長いですが絶対見てほしいです。
よろしくお願いします。

私が小学校~高校の時、とんねるずの「生でダラダラいかせて」という番組がNTVで放送されてました。
その中で木梨さんと山本ジョージさんの演歌の曲をHIPHOP REMIXするという企画がありました。
当時、まだまだ世に「HIPHOP」というジャンルはそんなに浸透していなく
なんとなく音にあわせて喋る事くらいでしたがなんと民放なのに2時間SPECIALでありました。
次の日、学校でみんなに「昨日の生ダラ見たか?」と聞いてまわりましたがあんまり反応薄くて悲しかった思い出。。
私もVTRを撮ってましたがVHSの劣化で見れなくなっていましたがYOUTUBEで発掘されました。
かなり断片的ですがこのyoutube以外の内容でいいますと
ノリさんは着物でNYにいってまずKONEさんと洋服屋へ。
MECCAやFUBUやD-LOなどチョイスしていました。
MECCAのお揃いの服を選んで、プリントに7と書いてあったので
「SEVEN BROTHERSだ!」なんて言ってました。
で着替えて以下の動画のようにDJ YUTAKAさんがBLOCKPARTYしてる場所へ。

PEEWEE DANCEやGM CAZにHOLLYWOODまでやってきます。
途中、2枚かけしてたYUTAKAさんを尻目にCAZさんが勝手にスクラッチしてYUTAKAさんが本気で怒っていました。
しかし途中のCAZの言葉がぐっときます。

この後、KUBOJAHのところで声を撮ってSTUDIOへ。
そしてYUTAKAさんのCREW「A.S.A.P」のフェノミノンとアーロンのラップと歌を撮る。
(この時、フェノミノンが「NORI」(ノリさんのMCネーム)という言葉がうまく発音できなかったり、アーロンがリハでCAN WE TALKをカバーして歌ったりしています。)

これが完成版

この日、完成したROMAN(HIPHOP REMIX)のアナログを視聴者1名にプレゼントで
私も応募しましたがハズレました。

で日本に帰ってきてREMIXコンテスト開催。
これは後日、番組でやってました。





ちなみに生ダラではこの他に
ROCK STEADY CREW JAPANにブレイクダンスを教えてもらったり

これまた2時間特番でKONEさん監修のもと、
LAでスクールバスにグラフィティを描くという内容もありました。
この回ではノリさんのチームに対抗するグループとしてなんとライターのSLICKが参加してました。ちらっとICE-Tかな?でてたはず。
完成品としては
SLICKチームは相手(ノリさん)がオリエンタルということで少林寺カンフーのキャラとドラゴンを描いていました。(激ヤバ!)
ノリさんはちょうど婚約したばかりだったYUTAKAさんと奥さん(上記の動画にいる方)を描いていました。

時代が96~97年でしたが他の民放でも結構HIPHOPを特集した番組は多かったです。
(これ以前でいうとダンス甲子園や DADAやDANCEDANCEDANCEなどダンス番組、音楽ではZOOが主流でした。)
世間的にはEASTENDのDAYONEや小沢健二&SDPのブギーバック、レゲエではBOOGIEMANさんのパチンコマンなどが流行っていました。
少し書くと
上記と同じとんねるずではやはり同じキーパーソンとしてKONEさんが居て
あのBLACK MOVIE「JUICE」

のパロディを「みなさんのおかげです」でやっています。
(以前、奇跡的にyoutubeに少しだけ動画ありましたが今は残念ながら削除されています。)
ざっと内容をいうとJUICEのOPも完全にカバー、
GQ役を石橋さんがやっておりレコードをかけっぱで寝てるところを起こされる部分からはじまり
ストーリーは関係なくJUICEの断片的なシーンをカバーしています。
途中のDJ BATTLEのシーンもあり!
最終的には木梨さんが紳士服のCM撮影というかたちで「祭次郎」なる演歌歌手の設定(ROMANとは関係なし。)ででてきて着物姿の黒人男性と歌を適当に歌います。
さんまのからくりTVで中村玉緒さんがEAST ENDと一緒にYELLOWだったとおもうけど一緒にRAPをする企画で
玉緒さんにRAPをレクチャーする時にGAKUさんがFREESTYLEしてました。
本番で観客にコール&レスポンスをしていて途中から「与作」のヘイヘイホ~♪を歌いだして
観客も歌ったり最後はその盛り上がりから玉緒さんが舞踊をするという事に!
それはそれで面白く盛り上がってました。
そして
流行のランキング番組でDJを取り上げて登場したDJ KEN-BOさんが
たしかGROUPHOMEのSUPASTARの2枚がけしたり
(飯島愛さんにスクラッチをレクチャーしたあと、田代まさしさんが悪ノリなDJ PLAY!!!など)、
NHKでは北海道でDJ BATTLEの特集したり
(この時、GUESTはDJ NAKAMURA YUJIさんでパフォーマンスでJERUのユーキャントプロフェットのPETEROCKのREMIXを鬼2枚がけしてました。)、
清水ミチコさん司会の番組でSDPの密着特集があって
レコード買ったり、サンプリングしてたり曲作ってる貴重なシーンも放送されていました。
(中でもBOSEさんのトレードマークのCAPを外しているという珍しいシーンもあります)
あと単発のUSの音楽の歴史番組でHIPHOPが結構長く紹介され、

が流れてメンバーが紹介されていました。
土曜夜のソリトンで日本語ラップが特集されたり、

他にもSLITSでのLBネーションのLIVEシーン
(シャカゾンビ、SOULSET、NAOHIROCK&SUZUKISMOOTH、ECD、四街道NATURE、リカでのDO THE BOOGIEBACKなどやってました。MCBOOさんとナマロイさんのコンビのシーンやお客の前列に当時よく見たBOSEさんの格好を真似したファンの女性の姿も。)


NHKの堅い番組「クローズアップ現代」で日本語ラップ特集をして
番組のOP曲を当時まだsoulscreamデビュー前のDJセロリさんがサンプリングして新たな曲を作ってオリジナルの作曲者に聞かせるといったサンプリング問題にも着手していました。
そして当時、日本からNYに活動拠点を移したDJ HONDAさんの密着してNY取材する番組
(1stを出した辺り。)など
NHKは本当にHIPHOP特集が多かったです。

ちょうど日本ではHIPHOP好きで有名だったイチローさんがHONDAさんのCAPを被っていたのでブームになる。

↑当時、それを特集したワイドショー番組。
山藤屋さんが出てます!
夜の屋台などでも偽者のhのCAPがあったり。
イチローさんは中学校の修学旅行の写真でTシャツがPUBLIC ENEMYだったり、
雑誌のストリートスナップに偶然通りがかりで写ってて全身555SOULだったりしてました。

NTVの夜中の枠の確か火曜日の「ampon」という番組
(DJ大自然さんありがとうございました。)
で何週にも渉り高校生DJを特集して曲も作っていました。
番組内でDJ BATTLEもありました。
(場所は当時あったジャングルベース)
DJ BATLLEといっても半分は BATTLE DJの意味もわかってないような人
(ユーロビートみたいなのをかけて当時流行ってたジュリアナ東京のジョンロビンソンみたいに「トキオ~~~~!」っていうだけとか。ま、それで盛り上がって客もいましたが。「BOOMに乗っかれ!」て的な感じはぜったいありますもんね。)
決勝で判定がうまく出ずBEAT無し(何でか不明)でのスクラッチバトルでDJ TOMOさんが優勝!
その時の2枚使いはたしかギャングスターの?REMAINZで、
予選ではMAD LIONのTAKEITEASYでした。
GUESTのSTAGEとして番組に準レギュラーで出ていた
EDUさんが「KISS ME」を歌う。
バックには妹分のNOW(メンバーの一人は後のMISS MONDAYさん)もいた。
この時にお客さんをステージに上げてキスしてもらうような感じで客席から連れてきた女の子がこの番組の企画の後半にそれほどフューチャーされてなかったがラップが歌で参加してた。
番組では星座占いなどをRAPでしていた。
当時、人気の雑誌、東京ストリートニュースもあって「高校生DJ」というキーワードができてました。門田さん中心にドレッドの高校生が多かった。
選抜されたメンバー(ラッパー、ダンサー、DJ)でUNIT作って川原でBBQしたり
(その時、一瞬流れてた曲がCRAIG MACKのFLAVAIN YA EARだった。門田さんか誰かがBADBOY RECORDSのTシャツ着ていた。)
何故か温泉旅行したりしてました。
最後では今でも活躍されているDJ 門田さん(DJ KADOTA SACHIHOさん)や後のOZROSAURUSのDJ TOMOさんと同じ高校で一緒に出場してたDJさん(名前忘れました。男前のひと。)、後にM-FLOのツアーのBACKでDJしていたDJさん(名前忘れました。堀なんとかさんかな?)、
後のB-BOY PARK2003のMC BATTLEで優勝するUSKさん
(この番組の初期にもUSKさんは出てて鈴木さりなさんと家で浪花男さんの「DADDY 関西人」を歌う。)
が出て曲を披露。
その流れで他局のDJ特集にSACHIHOさんのCREWが登場したり
(ラッパーは後のOZROSAURUSのMACCHOさん、激うますぎる。)していました。





同じ枠の金曜日では司会がブラザーTOMさん、久本さん、梨花さん、ドラゴンさん(ドラゴンさんは元SOULSET)の番組で来日してたアレステッドディぺロップメントがLIVEでEASE MY MINDを歌ってました。
高知では放送されてませんでしたが埼玉の親戚に頼んで「ASAYAN」のRAPコンテストも見ました。
審査員に高木完さん、近田春夫さん、そしてなぜか横森良三さんに特別審査員がなんとBEASTIE BOYS、レポーターが出川哲郎、司会進行がマークパンサーでした。
出場者の中にはデビュー前のRAPPAGARIYAやLADY RIMさん、そしてこの番組をDISSるために
あの「KAMINARI」が結成されてます。
KAMINARIは全員覆面で登場してメインで
RINOさんがLAMP EYEの「下克上」のバースを少し違うリリックでやってます。
最後に「俺の怒りは100万ボルトーーーーーー!」っていってます。
あと後ろの輩に今のKAMINARIの数より多い面子が全員覆面でいますがデカさからみてOSUMIさんの姿も確認できます。
そのまま優勝はKAMINARIでしたが特記すべき点として
大阪から出場したグループ(名前忘れました。DOGGYなんとか?)がかなりかっこよかったです。
「天下のキッチン、ブラックゲート!」って言ってます。大阪レペゼンしてました。
コミカルなグループ(リンス入りのシャンプーとシャンプー入りのリンスとどっちがいいか?みたいな内容)もいましたが他の番組よりは全体的にレベルは高かったような気がします。
その他、高知では放送してなかった局でもたくさんありました。

----追記分------
細かいところではNTV「知ってるつもり」で坂本九さんの特集で
「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」のカバーを言ってて
デビューしたてのSNOOPの1stの

が紹介されていました。
ま、元を言えば

のカバーというのは説明不要。
DAYONEを過ぎてもSDPは人気でNHKのPOPJAMに
SDPが出ててモックンにその頃できたSDPのキャラ「EZモック」を紹介してて
ご存知でしょうがそのキャラはボングをもって体の周りが煙でモクモクしてるキャラなんです。
「モクモクしてるからモック君なんです」とモックンに言ってモックンが
「あー」と言ってたけどその「大人の事情」はその頃分からんかった。
その日の番組で曲の合間にSINCOさんのDJがあってそれをモックンが色々聞くというのがあった。
その日はデビューしたてのMARY J BRIGEを紹介しててモックンが
「この曲はなんですか?」と聞いたら
「あ~あの~向こうのアイドルです!」と簡潔に纏めてて面白かった。


CSではDJ TAROさんの司会の番組やドラマ、ラブジェネレーションのサントラにも参加してたセクションSの3人と男の人(80年代後半のHIPHOP及びダンスシーンで活躍した人、名前忘れた。)と都内のクラブを紹介する番組や当時のHIPHOP系グループでダンサーのB★KOOL(解散後、メンバーのYAMAKOUさんはソロでラッパーとして活躍した。)の洋楽チャートなど紹介する番組もあった。
CSの番組もまだほぼサブカルのジャンルとして出てた感じです。

その頃のHIPHOPの出来事といえばちょうど「さんピンキャンプ」辺りや
ナイトフライト放送辺りですね。




この数年後あたりから徐々にもうちょっとCOREなHIPHOPが組まれて
ポンキッキーズでBOSEさんが司会したり、
真夜中の王国だったり、J-WAVEでRICOさんとMUROさんのDACYPHERが始まったり、
MTV JAPANでJAMSが始まったり。SSTVでHIPHOP ROYALが始まったり。
ブッダがTOYOTAのCMに出たりしてました。
順番が前後してると思われますが
それが大体1998年くらいまでです。

私も高知に住んでた(上京する前、高知に住んでるのは今もですが。)頃なので
見れなかった番組や知らない情報があると思いますがあったら教えてください!

※ちなみにこの頃の高知のHIPHOPはといいますと
今度、しっかり書きますが
中1の時にSDPが高知に来る。
台風で野外でスケボー大会はあったが(私出場しました。GUESTはT-19の大滝さんやSALUDAさんにAKEEMさん)その後の豪雨でSDPのLIVEは夜にJIVEでやることになり中1の私は行けずに泣く。
後日、SDP「ワイルドファンシーアライアンス」で高知行きの飛行機が揺れたって事がリリックにあります。
私が中学2年の時に高知のラヴィータにRUN DMCが来る。
ちょうどDOWN WITH THE KINGが出た頃です。
公演後、RUNが風邪で高知市の愛宕病院で点滴を受ける。
残りのメンバーはラブジャマへ遊びにきていた。
その頃、DAYONEブームの時に地元の番組でクラブが紹介されて
「谷やん」さんとDJ KATSUMIさんがHIPHOPを紹介してて番組のキャスターがDAYONEのPVを真似て高知放送のビルの屋上でDAYONEっぽい映像を撮って放送。
それをみて(イラっときて)当時の私たちSKATER内のHIPHOP好きな人たちで組んでたグループが力を入れだす。
当時あったCLUB「JIVE」に宇治田みのるさんやDJ FLESHさんが来る。
(当時やってた宇治田さんのRADIO番組の公開録音もやり後に高知でも放送)
上記と同じローカル番組でJIVEへの潜入するコーナーがあった。
メインとしてはお立ち台が高知にある!ということでボディコンのお姉さんがいて普段はなんと病院で栄養士をしている!?みたいな内容。
JIVEが閉店後、その跡地にできたB.B.CafeにHOLD IT DOWNを出したばかりのDAS EFXが来る。
当日に殴りこみスタイルでSTAGE中に強引にRAPをする。
そのうち色んな場所でLIVEやっててDASの時も見てた
DJ KATSUMIさんから声がかかりラブジャマイカンへ。。。
とまあ、これくらいで高知のHIPHOP創世記の続きは今度にします。

長くなるのでここら辺で終わります。
今度、私が東京に上京するまでの期間をミッチリと書きます。

ダンス編も数ヶ月前にダンス甲子園中心に記録を残しているので
コチラも併用してどうぞ。
そのうち雑誌編もやりたいな。スキャンが大変そうだけど。

●skream
BRAND NEW!!!!!!!!!!!!!!

きたーーーーーーー!
しかもFREE DLもあるよー!
Skream and Example - Shot Yourself In The Foot Again by Ministry of Sound

●小沢健二のオールナイトニッポン

1995年5月26日放送
これはその前にやってた小沢健二とSDPのオールナイトニッポンではなく
その後のスペシャルウィークであった小沢健二単体ですが
BOSEさんもいます。しかも冒頭には渡辺真理奈もいますが
昔から都市伝説になってた噂をぶった切ってます。
その他、王子のわがまま、やりたい放題の内容です。

誰か小沢健二とSDPのオールナイトニッポンを録音してる方はぜひ貸してください!

●あ~これこれ!
いっつもpksayonaraさんの動画を出してますが
前にも書いてたNAHKIさんのBADNAHKI。

この年のジャパスプのコレが最初に見たNAHKIさんだと思うけど
初めてmove the crowdしてるなー!って思ったシーン。
93年のWOWWOWにて放送。

●シェイディ
エミネムのレーベル「シェイディ」に正式に
スローターハウスとイェラウルフが加入と発表!
イェラとかもろピッタリですね。


個人的にはこのyelawolfの時辺りのようにSMKAの音でやってほしかったですが
確実にSHADYのほうが飛躍はしますよね。
スローターハウスは昔から契約の噂があったんですね。
しりませんでした。

●Reks
[25th Hour (prod. DJ Premier)]
プリモの秘蔵っ子のREKSのBRAND NEW!!!


めちゃめちゃかっこいいやないか~いっ!
ここから

●今日の誕生日
HUNGER
GAGLEのハンガーさん。



GAGLEの3人方とはお世話になってます。
ここ最近はご無沙汰ですが10年くらい前にわざわざ高知までGUESTで来ていただいたり
しました。
MITSUさ~~~ん!高岡来たとき連絡ください!飲みましょう!
ちなみに自分の初任給でBUST THE FACTS買いました。

JANET KAY



UKのレゲエシンガー。
ミニーリパートンのLovinYouのカバーで世界的に有名に。
僕がBOB MARLEYの次に買ったCDが多分JanetKayだと思います。
53歳。

Shabba Ranks




この4曲が有名と思います。
Ting a Lingを初めて聞いたときの驚きは大きかったです。
たぶん上記のJanetKayに続き買ったと思います。
というかジャケットもインパクトあった。わかりやすかった。
当時、FlapTopフェチだった私にはわかりやすかった。
当時、地元の輸入盤のCDも置いてたMUSEに視聴もあった。
足立区にあったAMES SKATEBOARDPARKのビデオに収録されてて好きだった。
Mr,Lovermanは当時、開局して間もないFM KOCHIでMONDAY満ちるさんの番組に
PJさんがGUESTできててレコメンドしてた。
Mr,Lovermanの女性部分はたしか2パターンあったはず。
シェベルフランクリンの方が好きです。
シェベルフランクリンは歌も上手かったですがJAMAICAの陸上選手としても活躍されてたそうです。
SHABBARANKSのアルバム、タイトル「As Raw as Ever」邦題「生でやりたい」は
日本で唯一「成人指定」になったCDともいわれてます。
44歳。

RADRATも誕生日のようです。

32歳、意外と若かったのか。。

●いろいろ


KLOOZさんの今回の定期動画のTRACKがLIBROさんです。
なんか雰囲気が違いましたがギターの音とかたしかになんとなくLIBROさんっぽい!



最初に書いている民放ネタで昨晩は脳みそHASTLEしてました。
記憶はすばらしいものですが記憶は曖昧でもありますから怖いです。
VHSが劣化してなかったらもっと色々あったかもしれません。
そして忘れている番組などもあると思います。
が、せっかくなので覚えている部分を脳みそから出しました。
後から思い出す事も多いのでもしかしたら追記するかもしれませんが。。。
キモいでしょうが俺がやらなきゃ誰がやるんだ!っつーことで。

KEEP IT REAL
KEEP IT B-BOY STANCE
KEEP IT SMILE

また明日。

0 件のコメント:

コメントを投稿