TRILL CAT MOVIE

2016年7月8日金曜日

夏休みが始まるぜー!

おはようございます。











もう暑すぎて困りますね。。。

●今日の七夕!雨がバタバタ!
懐古主義とか10代の頃から言われ続けたす。

「さんピンcamp」から20年ですって。
思うことは色々ありますね。

20年前のその時、私は家のベランダから東の方に向いて泣きながら耳を傾けてましたね
(当時、純粋だったんでマジです)
小さく聞こえた「セイホー!?」に「ホー!」と返したとかしなかったとか。




ここからではない話をします。。。。

記憶があるからせっかくだから書いとく!とか言っとく。
さんピンcampの映像以外を貼ります。

基本、私は「さんピンcamp」以前のシーンとか物凄く好きなんですよね。
「さんピンcamp」前後は「今夜はブギーバック」(94年)「DA.YO.NE」(95年)とかの感じでメディアにも多く掲載されやすくなってましたがそれより以前は結構な「闇」感を田舎の高知県で感じてたので。。。

まずあの1996年に日比谷野外音楽堂であのメンツで昼間から夜にかけてやったのが今では普通に感じる不思議。
でもそれももう「え〜!そんな事できちゃうの〜!?」って感じでした。
当時、生きてた人はもう私以外はもう死んじゃっていますので私しか居ないので「証言」しますが
当時、まあ、SNSもない時代に雑誌「Fine」位ですかね。ずっと追ってたのは。
細かい雑誌は色々あるだろうけど高知県にまで届く全国流通な雑誌といえばまあ「Fine」くらいのもので。
まず当時の話をするとあの「さんピンcamp」というのは日比谷野音でのLIVEだけではないはずだったんですよね。
たしかそれより1年くらい前から東京を中心としたその日本語RAPのステージを結構撮影しててその映像のラストに映画「WILD STYLE」のラストシーン↓

のLIVEのような雰囲気で野音でLIVEする予定でしたが結果、その野音がメインとなって後にでたヴィデオでの冒頭のタワレコやYTRさんのダイブシーンやブッダブランの帰国シーンやRADIOのシーン、
あと大怪我のPV

の映像とかがそれのはずです。
(ちなみにそれを制作したのがさんピンcampの1週間後に同じ日比谷野音で行われた「大LB祭り」にも出たSDPのBOSEさんの弟さんがしてます)

当時、沸々と湧いていたTOKYOを中心とした夜のCLUBでのHIPHOPの温度。
同時に日本語でのRAPも大いに盛り上がっていく中、六本木や渋谷など色んな場所で行われたHIPHOPのイベントにいつの間にか日本語でラップする人、いや集団が出来てた。
そしてそれは日本人のHIPHOP DJによるMIXTAPEで冒頭やラジオにexclusiveなFreeStyleなどが入り当時のHEADSはコゾって聴いてたわけで。
もう完全にその「日本のHIPHOP」というカテゴリーが出来ててすぐ明日にでも新しい「日本のHIPHOP」というカルチャーが成長するような時、逆に言うなら関東なら今よりも簡単にそれが手に届く存在でした。

あと「証言」のリリースは同時期の「さんピンcamp」と同じく並べられる話ですよね。
当時をリアルタイムで生きてたHEADSじゃないと伝わらないと思うんですけどオールスターがMICリレーしてるわけで今のメンツだと誰?みたいなインタビューもあったようですけどまあ、そういうことじゃあないわけで。
「証言は何番まであるんだ!?」とかありましたもんね。
しっかりUZIさんがやってるのが映像化されてしまってましたし。

他にもKAMINARIが主催の「亜熱帯雨林」とか「鬼だまり」とかの雰囲気はこんな感じ。


なんでこの頃の日本語のRAPの雰囲気って「オドロオドロしい」んでしょうか?
イントロで「ハァ〜!」とか言ってたり。ステージの始まりに謎のINTROを流してステージ脇に隠れて意味不明のワードを出したりして吉GUYっぷり(ILLさ)を出す感じ。
「地獄から来たぜぇ!」みたいな感じの自己紹介やずっとダンマリ決め込んでて自分のバースになって大爆発してRAPするヤツとか、変なakaがあったりとか。

たまらなくいいですね。。。。。

「鬼だまり」とか大晦日〜新年の朝までの年越しだったりしてて当時の私のRAP GROUP「地下核実験」(名前最高!)の相方、MC暗闇(名前最高!)はチッタまで見に行ってた!

「さんピンcamp」前の雰囲気


1994年の西麻布のZoaの「BlackMonday」では夜な夜なこんな感じ

同じ94〜95年のLIVEや曲では




あと私が好きなシーンとして

の回の↓のところ
YO!MTV RAPSでファブ5フレディがTOKYOに来た回でのキングギドラ及び、その周辺がいる所
これはやっと最近、キレイにこういう形で公開されたのですが12~3年前にVYBEってMTVjapanが一瞬、謎の音楽会社名になった(?)時にギドラが司会の番組で少し流れたり、
海外のサイトでwebから見えず、iPhoneからは見えた謎のサイトで少し見えた位でした。
あとは渋谷のCISCOでインタビューされたりがありましたね。
(前はyoutubeで見えたけど削除されてる)

96年にはコレ↓

とかでマイクリレーありました。

完全にあの頃の「オドロオドロしい」雰囲気を2010年抽出した


なんて方々も居ました。
フォロワーの方もいらっしゃいます!
あの頃のファッション・雰囲気・フロウが健在しててとても好みです。
ネーミングセンスも最高です。

あと、昨日、「さんピンcamp」見なおしたんですが(私のiPhoneにFullで入ってる)
この頃のステージでのラッパーとDJのコンビネーション具合は今のステージではあまりないですよね。
MUROさんやブッダブランのステージの曲の構成。
せいぜい、上ちょと吉野君とか位しか浮かばない(他にもいらっしゃるんでしょうけど)
この感じがより我々の世代はグッときますね。

あとその1週間後の「大LB祭り」も完全に大好きです。
なので当時、SSTVで放送された番組を誰かこっそりと動画サイトにUPしてください!
私はVHSでRECしてましたがTAPEが劣化しており見れません。。。。

結局、何が言いたいかといいますと、
別に「この頃の文化を絶やすな!」とか全く思ってなく
この頃はこの頃で想像膨らませてニヤついてて楽しかったからそれを共有できる同世代のキミと一緒に宝物にして行こうぜ!って感じ。

GASBOYSでいうと
臭いものには蓋をして、時々開けて楽しむんだ!

あとお暇ならもっとマニアックな記事あります。
(5年以上前に書いたのでLINK死にまくりです)

高知HIPHOP創世記 〜98年位まで

95~98年辺りのTVでのHIPHOP特集とその他

ダンス甲子園を振り返る

まあ、なんか昔の話ですみませんね。
でもコレまであと二年後ですよ!


裏を返せばシネマのような名言。。。。
いらねえ怒りなんて封印!

俺達がBOMBだって事はHUSH HUSH TIPだぜ。


過去より未来!
LET'S VOTE!!!!

●今日のDIG
SheLovesMeechieによるLil Uzi Vert
[Subzero]

SheLovesMeechieの作ったNEW、最高!
前回のPVの撮り方と同じ。SheLovesMeechieのやり方おもしろい。
コレやり方、一般にも浸透するんやろうな〜。



とんでもないの出したな。。。。



もう7年目ですか。
この2人が亡くなっても100位まで続くんじゃない?
1曲目がDELAのNEWでそういう発表の仕方もあるんですね。



愛媛出身、NY在住のDJ KANDO君のみんな大好き!BadBoy縛りのMIX!!!!


鳥取のマイメン、OGK君が毎年参加しているお祭りでのLIVEのドキュメント。
鳥取という高知とも似た中々陽の当たらない環境でHIPHOPを耕している姿が見れます。


徳利さんが手紙のpt.2を出した。。。。
また創りだされるコレ!!



わあ!これ、なーんとなく聞いてみたら最高だった。


えー!良さそう!見たい!


woodmanさんがお亡くなりになられたそうです。
http://www.losapson.net/blog/index.php?e=895

っということで妙にまた長い記事になりましたが
皆様、いい七夕だったでしょうか?

おやすみなさい。





0 件のコメント:

コメントを投稿